札幌市教育委員会は5月18日、教職員に対する懲戒処分を発表しました。
今月は交通事故が2件。
3か月ぶりの懲戒処分の発表です。
1.人身交通事故

被処分者

厚別南中学校 教諭 男性 40歳代  

処分内容

減給1月(給料の10分の1)

事案概要

平成24年1月6日(金)午前9時45分頃、通勤のため、普通乗用自動車を運転中、厚別区厚別中央2条4丁目1番地付近の信号がある交差点を直進するに当たり、遠くの信号の青色表示に気をとられたことにより、手前の信号の赤色表示を看過したまま同交差点内に進入し、右方道路から青色信号に従って進行してきたタクシーの前部に自車右側面部を衝突させ、運転者に加療約2週間を要する傷害を負わせた。

「信号の赤色表示を看過した」というのは、簡単に言えば信号無視ということです。
厚別南中学校は大谷地駅のすぐそばですから、運転が苦手な人は地下鉄で通勤すれば
よいと思うのですが、どうして車通勤が認められているのでしょうか?
それにしても「午前9時45分に通勤」というのもうらやましい。
こういうのは、世間では重役出勤と言いますね。
学校の先生は良い身分だ、とつくづく思い知らされます。
2.人身交通事故

被処分者

札苗小学校 教諭 女性 20歳代 

処分内容

戒告

事案概要

平成24年1月21日(土)午後2時10分頃、私用のため、普通乗用自動車を運転中、東区北9条東3丁目42番地付近の信号がある交差点を直進するに当たり、当時、同所付近道路は路面が凍結し、車輪が滑走しやすい状況にあったため、早めの制動措置を講じて自車を滑走させることのないようにすべきであったが、同信号表示に留意せず進行した結果、同交差点の手前約20.1メートルの地点まで対面信号機の赤色表示に気付かず、慌てて制動措置を講じたものの、自車を滑走させてしまったことにより、同交差点内で左方道路から青色信号に従って進行してきた普通乗用自動車の右側面後部に自車右前部を衝突させ、運転者に加療約9日間を要する傷害を負わせた。

こちらは、「赤色表示に気づかず」ということです。
簡単に言えば、こちらも信号無視なのですが、1.と処分の度合いが違います。
二つの違いは、本件の被処分者は警察に対して信号無視を認めなかった、ということでしょう。
しかしこの被処分者は実は以前、小生の質問に対して信号無視を認めています。
被処分者は信号を無視して猛スピードに交差点に進入し、相手の車にぶつけたのです。
「路面が凍結し、車輪が滑走しやすい状況にあった」と言いますが、冬の札幌の道路なら
当たり前のことです。
この日の天候は晴れ、見通しの良い交差点です。
また「慌てて制動措置を講じた」とありますが、現場にはブレーキ痕はありませんでした。
このように、被処分者が警察に事実と異なる供述をしているというのは教育委員会の発表で
はじめて知りました。
信号無視には言い訳は通用しません。
子どもたちの範たる小学校の先生が、ウソ、言い逃れはいけませんね。
さて、事件の真実を小生がどうしてこんなに詳しく知っているのか。
その理由を皆さんお聞きになりたいですか。
それは、加療約9日間の傷害を受けた事故の被害者は、実は小生だからです。
車に同乗していた家族は事件から3か月以上経過した今も通院しています。
そして、この被処分者は小生の民事上の賠償請求にも応じておらず、残念ながらいまだ
事件は解決していません。
学校の先生には交通ルールだけでなく、人間としてのルールも守ってほしいものです。