札幌市教育委員会は8月8日、月例の教育委員会会議を開催し、教職員不祥事の
懲戒処分を決定しました。
●体罰及び教育的配慮に欠ける不適切な指導

被処分者

平岸小学校 教諭 男性 50歳代    

処分内容

停職3月

事案概要

平成23年4月から7月にかけて、授業中等に、担任クラスの児童5名に対して、人差し指と中指の2本あるいは平手等で叩く、または耳を引っ張る等の体罰を繰り返したことに加え、

「誰がやったか答えないとどつくぞ」

「お前、本当にバカだな」

等の暴力的な発言を行うとともに児童が嫌がるようなあだ名で呼ぶ等、大きな精神的苦痛を与える行為を執拗に繰り返した。

なお、復職した後の同教諭に対しては、市教委において長期的な研修等を実施することにより、指導力の改善を図る予定である。

いじめや学校の隠蔽体質が最近、社会問題になっていますが、これは教師自らが
子どもをいじめていた、という悲しい事件です。
新聞報道によると、この教諭は昨年7月に保護者からの訴えで問題が発覚してから、
躁うつ病を理由に今年7月まで一年間病気休暇を取っていた、ということです。
教諭の年齢は55歳。
それにしても、よくもこの年になるまでこんな悪党が野放しになっていたものです。
これまでどれだけの数の子供たちが被害にあってきたことでしょうか。
教育委員会は教諭に「長期的な研修」を施すそうですが、定年までの年数を考えると、
税金の無駄のような気がしてなりません。