今日は、「丘珠空港活性化シンポジウム」を聴講してきました。
A2fdwTcCQAA1xJB.jpg large.jpg
会場は京王プラザホテルの地下会場で、たぶん500人以上入るところなのですが、
全席びっしりで立ち見が出るほどの盛況ぶりです。
私は選挙公約で「丘珠空港の活性化」を唱えているのですが、実際のところ、あまり
市民の皆さまの関心が高くないことに悩んでいました。
しかし、これは自分の勘違いであったことに今日気づかされました。
主催者から、ロンドンシティ空港にならって、丘珠は「サッポロシティ空港」を目指しては、
との提言がありました。
ロンドンシティ空港は丘珠と同じ滑走路長なのに、ジェット機がイギリス国内だけでなく、
海外にバンバン飛んでいます。
しかも、元航空会社社員の私も知らなかったのですが、ロンドンシティ空港は周りを
運河で囲まれていて、万一の際の安全の余裕を考えると、実際に使用できるのは
1300メートルくらいしかないのだそうです。
丘珠は現状の1500M滑走路の前後に緩衝地帯があるので、丘珠もやればできる
のではないか、とのお話でした。
そして講師を務めた前観光庁長官の溝畑 宏氏は非常に熱い魂を持った方でした。
官僚出身なのに出向先の大分県に惚れ込んでしまい、担当しているサッカー団体を
再建するため、役人を辞めてしまったそうです。
そしてそのチームは日本一を達成。
溝畑氏いわく
「やる気になれば人間できないことはない」
「札幌市民が本気で丘珠活性化を考えるなら、いますぐみんなで動くべきだ」
と言われ、これはまさに自分に言われているのではないかと思いました。
また、続いての講師のフジドリームエアラインズ社長の鈴木与平氏からは、
「夏季であれば技術的には自社機で丘珠空港に就航可能」
「しかし空港の舗装強度が弱いので、現状では定期便は無理」
「チャーター便なら運航は可能だが、機材繰りでいまは難しい」
「来年に新造機が2機入り、機材繰りに余裕が出るので、お上のOKが出たうえで、
 もしニーズがあれば丘珠にチャーター便を飛ばしたい」
と驚きの発言がありました。
ニーズは充分にあるはずですので、問題は「お上」のOKです。
空港は飛行機が飛んでナンボですので、「お上」が邪魔する言われはありません。
これはなんとなく、丘珠に良い風が吹いてきたような気がします。