今日は会派から堀川素人議員による代表質問が行われました。
堀川議員が質問の中で「PTA加入自由化」について触れたところ、議場の
あちこちから突然、とてつもなく激しいヤジが飛んできました。
発言が聞き取れなくなるほどで、UHBテレビ(北海道文化放送)の夕方の
スーパーニュースでも「PTA問題で議場騒然!」と取り上げられていました。
PTAとは、学校に通う子供たちのために保護者が力を合わせて協力しよう
というものだと思いますが、保護者の中にはいろいろな考えの人がいます。
夫婦共働きで仕事を持っていて、協力したくとも時間がない人もいます。
でも、札幌市のPTAは「一人一役の原則」として全員加入を前提として、
保護者全員がなんらかの役に付くことを学校で呼びかけています。
一番大変なのはクラス役員なのですが、実際のところ、これが担任から
頼まれるとなかなか断りきれない、との話をよく耳にします。
ましてやPTA加入自体を拒もうものなら、ただの「ズル」あるいは変人扱いです。
学校には子供を預けているので、「子どもが先生にいじめられたら困る」と思い、
こんなとき親としてはダンマリを決めたくなる心境に至ります。
しかし、本来ボランティアは自発的に行うべきもので、強制されてやるもの
ではありません。
PTA加入は自由意思、あくまで任意が原則であることを、しっかり学校が説明
するべきです。
保護者が納得してPTAに参加するのでなければ、そして嫌々の参加であれば、
その結果は子供たちのためにもよくありません。
こんな当たり前のことを議会で発言すると、あちこちの議員からヤジの一斉
攻撃を受けることが分かりました。
6月の議会で、私が代表質問でPTA問題を取り上げた時も同じでした。
PTAは一部の市議会議員の支持基盤でもあることを考えると、きっと議会での
PTA批判はタブーだったのかもしれません。
それでは、なぜ学校は保護者に無理強いしてまでPTA活動を行いたいのか?
私の分析では、それはPTA活動を本気で行いたいのではなく、ただ単に
PTA組織を守りたいためではないか、と考えています。
札幌市には「札幌市PTA協議会」という組織があり、ここには10数名の
職員が働いています。
職員のほぼ全員が札幌市職員OBです。
「札幌市PTA協議会」には札幌市から多額の補助金も交付されています。
PTAに参加している保護者や教員はボランティアですが、これを生業に
している組織があるのです。
PTA加入を自由化すれば、会費収入が減り、職場が奪われます。
学校は札幌市職員OBの天下り先を守りたいがために、その資金源である
PTAの組織を守ろうとしているのではないでしょうか。
私が情報公開を求めても、PTAも教育委員会も徹底防戦の構えです。
また、今年からPTA協議会が札幌市内で開業した「PTA共済」も問題です。
PTAと同じく全員加入が原則で、申し込み意思の有り無しを問わず、強制で
口座引き落としで保険料を取られます。
保険料と言っても年間わずか数百円なので、「まあいいか」という気に一瞬
なるのですが、でもよく考えると、札幌市内約15万世帯から集めた保険料は
巨額の資金になります。
この共済は学校外の事故だけを対象としています。
たとえば公園で犬にかまれたときに何百円か保険金が下りる、というもので、
起きる事故がそもそも少なく、給付額も少ないので、年間では数千万円の
利益がPTAに残る仕組みであることが私の調べで分かっています。
「札幌市PTA協議会」には、こうしてこれまでのPTA活動で積み立てた資金が
1億円以上眠っています。
つまり、PTAを名目とした錬金術が、「PTA共済」なのです
PTA活動を本来の自発的で民主的な姿に戻すためには、いまの既得権益化
したPTAの上部組織を解体する必要があります。
各区には「区PTA連合会」、市には「札幌市PTA協議会」、国には「日P」という
上部組織があり、保護者の皆さんから上納金が吸い上げられています。
PTAは各学校ごとにあれば充分で、それを束ねる上部組織や上納金は必要
ないと思います。
こうしてPTA活動を批判すると、私のところには匿名の電話、郵便やメールなど
がしばしば届きます。
郵政民営化もびっくりの抵抗勢力ぶりにいつも驚かされます。
「郵政民営化を成し遂げるためには死んでもいい」と語った小泉元総理では
ありませんが、いったんこの仕事に就いた以上は私も覚悟をもって進むほか
ありません。
これからもタブーを恐れず、札幌市職員の利権にビシビシ斬りこんでいきます。