11月16日(土)にフジドリームエアラインズ社の飛行機が再び丘珠空港にやってきます。
今日の北海道新聞の報道を受けて、さきほど札幌市の空港担当から説明がありました。
2013-07-07 11.33.27.jpg
7月7日に丘珠空港に飛来したFDA機
7月に初めて丘珠に飛来したときは安全性を確認するためのテストフライトでしたが、
今度は旅客を乗せた有償チャーター便となります。
8月から航空局や空港との調整に着手し、ようやくこの段階にたどり着いたとのこと。
ジェット機の営業フライトは丘珠空港にとって初の出来事で、丘珠空港の再生に向けた
新たな一歩に期待が集まります。
一方で気になる騒音問題について、前回のテストフライトのときはERJ-170は予想以上に
静かな航空機で拍子抜けした方も多かったと思います。
しかし風向きや飛行ルート、重量増加で騒音値は変化する可能性もあるため、今回の
営業フライトについても改めて札幌市は市民説明会を実施するそうです。
市民説明会の日程は下記の通りです。
10月24日(木)18時~ (東区)丘珠ふれあいセンター多目的ホール
10月26日(土)18時~ (北区)篠路コミュニティセンター
10月27日(日)14時~ (東区)さとらんど交流館1階ホール
先週行われた各会派の代表質問でも、自民党と市民ネットさんが丘珠空港の話題を
取り上げていました。
丘珠空港のジェット化はいままで長くアンタッチャブルで、私が昨年の代表質問で
札幌市に尋ねたときもまだ「さわらぬ神にたたり無し」的な答弁でしたが、今回の両
会派への答弁では「丘珠空港の有効活用」という表現を用いていたのが印象的で、
ジェット化に向けて札幌市が一歩前向きな姿勢に転じたことを強く感じました。


今週の議会日程
10月1日(火) 13:00~ 文教委員会 (質問に立ちます)
10月3日(木) 13:00~ 補正予算議決
10月4日(金) 13:00~ 決算特別委員会・財政局ほか(質問に立ちます)