札幌市教育委員会は11月14日、学校職員不祥事の懲戒処分を発表しました。

約1年前の教員体罰です。

1.体罰事故

被処分者 羊丘中学校(事故当時:平岡中学校) 教諭 女性 20歳代    
処分内容 減給1月(給料の10分の1)
事案概要
平成25年1月14日(月)午後、バレーボールの練習試合会場であった体育館において、失敗が続いた被害生徒を叱責する際、当該生徒の頭を1回叩き、膝を1回蹴った。

また、同月19日(土)午前7時頃、部活動中、体育館において、被害生徒を厳しく指導していたところ、泣きやまない当該生徒の頬を平手で1回叩いた。その他、平成24年度の夏休み期間、部活動中、また、バレーボール部の合宿中に、それぞれ平手で1回頭を叩いた。

2.体罰事故

被処分者 屯田小学校 教諭 男性 20歳代    
処分内容 戒告

事案概要

平成2412月5日(水)、午後3時頃、体育館において放送委員会活動中、児童たちに準備をしながら待つように指示をしていたが、被害児童がボール遊びをしているところを目撃し、注意指導を行うため、当該児童を呼び、右足の裏で当該児童の腹部を1回蹴った。

札幌市では学校の先生による体罰が毎月のように処分されています。

いつもは年配の先生の体罰が多いのですが、今回は二人とも20代と若いことが特徴です。

学校の外で子供を蹴ったり殴ったりすれば、その場で警察に逮捕され刑務所に入ります。

なぜ先生だけは子供に暴力を振るってよいのでしょうか?

体罰を受けた子供は心身の傷と大人への不信感を持つだけで、教育効果はありません。

この悪習が子供同士のイジメや、大人になってからの虐待、DVなどにつながっています。

教育委員会の懲戒処分は減給1ヶ月や戒告と非常に甘く、これでは世間体を保つための

言い訳程度の処分と言われても仕方ありません。

札幌市は「子供の人権」を声高に叫ぶ割りに、言っていることとやっていることがいつも

逆さまになっています。

「体罰はダメ」「見つかれば厳罰」と方針を改めなければ、先生の体罰はいつになっても

なくなることはないと思います。