2月28日、今年度最後の市民に役立つ議会検討委員会が開かれました。

今年一年間、議員定数について各会派で議論をしてきました。
多様な民意の反映を理由に現状維持を主張する民主、共産、市民ネット。
それに対して定数削減を主張する自民、公明、みんなの党、そして私。
全会一致を旨とする委員会で、どこかで意見をまとめなければなりません。
結局は定数削減派が折れて、最終的な結論は定数は「現行のまま」ということに
決まりました。
私は経費節減のため議員定数の削減を主張し続けてきましたが、残念ながら無所属
ひとりの議員はオブザーバーで議決権がなく、交渉会派の全会一致で定数は68人の
まま来年の選挙を行うことが決まりました。
ちなみに、もう一人の非交渉会派「みんなの党」は抗議の意思を座長に伝えて、
委員会に出席しませんでした。
委員会が本当に市民の役に立ったのか、私は少し疑問に思いました。

来年度の検討委員会では議員報酬とインターネット対応などを話し合う予定です。