今月20日に札幌市東区の丘珠空港(駐屯地)で開かれる航空ショーでアメリカ海兵隊の新型輸送機・オスプレイが一般展示されます。
これについて、札幌市役所が市民の不安をあおる文書を作成しマスコミに配布するなど、民間の主催者に不当な圧力をかけていることが分かりました。
下記はその文書です。

osprey0001.jpg

(文書は札幌市の許可を得て掲載しています)

「初飛行以来、墜落事故が相次ぐなど、安全性への懸念が指摘されている」と指摘。
確かにオスプレイは20年以上の開発途上に何度も重大な事故を起こしています。
しかしその後の度重なる技術改良を経て、2005年ついにアメリカ政府はオスプレイの安全性と信頼性を認定。
現行機種は量産機として実戦配備されているものです。
量産機はその後も改良を続けながら、2011年には10万飛行時間を達成しています。
(出典:米海軍HP “V-22 Osprey surpasses 100,000 flight hours“)

(写真: Cpl. George Papastrat, 3rd Marine Aircraft Wing (Fwd) Public Affairs)

オバマ大統領がオスプレイから降りてくる上記の写真。
アメリカ政府の安全性への自信を示すものと言えないでしょうか。
オスプレイはアフガニスタンなどでの実戦を含めて既に10年近い飛行実績があり、これまでのヘリコプターより事故率がはるかに低いことが統計的に示されています。


ikoritsu.jpg

(出典:防衛省資料「MV-22オスプレイ事故率について」)

これらの詳細な情報は国内の関係自治体に説明されているほか、資料は防衛省のホームページにも掲載されています。
このようにオスプレイは日米両政府によって安全性が説明されているにもかかわらず、根拠もなくいたずらに市民の不安をあおる行為は行政機関として極めて不適切なものと言わざるを得ません。

「オスプレイのこれまでの墜落事故の原因とその結果講じた対策を明らかにせよ」
と一民間の委員会に高圧的に尋ねていますが、上に述べたとおりすでに国が広く国民に説明しているもので、札幌市役所の不勉強を世にさらすだけです。
オスプレイについて市役所がもっと知りたければ、ぜひ製造メーカーのホームページをご覧いただきたい。
空の安全と世界の平和を守るため、関係者がいかに苦心しているか分かるはずです。
今朝、私が札幌市役所に「安全性への懸念」の根拠を示すよう求めたところ、
  • 昨年に全国知事会が国にオスプレイ飛行に関する要請をした
  • 今年6月に部品落下事故を起こした
  • これ以外の「安全性への懸念」の根拠は目下調査中である
  • 「安全性へ懸念」の調査結果は来週中には示せる見通し
との回答が夕方、半日以上も経ってから届きました。
私が照会するまで、ロクな根拠もなしに「安全性への懸念」を主張していたのです。

もうひとつ驚いたのは、
「この公文書は上田市長の了解のもと大慌てで発信したもの」
「市役所として正式な意思決定を行ったものではない」
との説明です。
起案書などの文書も一切残していないということは、まさにただの思いつき。
つまり上記の文書の中で、
「札幌市としては(中略)オスプレイ飛来に対して、強い危倶の念を抱いております」
と記すその主語は「札幌市」ではなく、実際は「上田文雄札幌市長」だったのです。
政治家の上田文雄さんが個人的にオスプレイに反対するのは自由ですが、市長の立場を利用して民間に一方的な圧力をかけるのは公私混同に他なりません。
ましてその内容が根拠希薄だとしたら、デマゴーグと言われても仕方がないでしょう。

今日、札幌市役所に中国の五星紅旗が掲げられていました。
chugoku.jpg
ヘリコプターと固定翼機の良いところ取りをした革命的航空機と呼ばれるオスプレイ。
その高い機動力は昨年のフィリピン台風の災害救援活動でも見事に示されています。
これが我が国に配備されて困るのは、尖閣諸島の占領を謀る中国だけです。
札幌市役所にひるがえる赤旗を見て、今回の醜いオスプレイ妨害劇は中国の影響を受けてのことか、とハタと気付きました。