ガラガラの近代美術館会場を(その1)でご紹介しましたが、8月16日に南区の芸術の森の
会場で開かれた展示を見てまいりました。
この日はお盆休み中の土曜日でそれなりに人が出ていることを期待しましたが、やはり
お客さんは少なかった印象です。
2014-08-16 13.41.05.jpg
素晴らしい晴天で行楽日和の一日だったのに、芸術の森自体が閑散としています。
「国際芸術祭はこちら」という案内図の矢印に沿って会場に向かいます。
2014-08-16 13.44.27.jpg
芸術祭会場の「札幌芸術の森美術館」の建物を正面から撮影した写真です。
たまたま、この瞬間だけかもしれませんが、人影はまばらでした。
時刻は午後2時頃。
2014-08-16 14.17.39.jpg
こちらは野外美術館の様子です。
チケットが別になっているせいか、お客さんの姿がやはり少ない。
せっかく去年、芸術祭に向けて多額の予算で石畳を直したばかりなのに、残念なことです。
(その1)の近代美術館会場と同じく、芸術の森会場も展示は見どころが盛りだくさんです。
2014-08-16 13.48.27.jpg
会場が真っ暗で解説の所在が分からなかったので、作者不明で申し訳ありませんが、
パソコンのディスプレイを駆使して自然を演出しています。
冬の北海道の景色かもしれません。
初めて見る演出で、日本語下手ですが、とても綺麗です。
2014-08-16 geimori1.jpg
こちらはドイツのカールステン・ニコライさんの作品。
大型プロジェクター二つをつないで壁面すべてに映像を映し出しています。
天井からぶら下がったスピーカーからは、何ともいえない電子音が奏でられています。
居心地の良い空間で、私もしばらくベンチに腰を下ろして眺めていました。
2014-08-16 13.59.20.jpg
こちらは札幌市内の空撮映像のようです。
左側は白石区から東区あたりの住宅街。
右側は滝野霊園の仏像が映し出されています。
ヘリ空撮にしては滑らかに映像が動いていて、きっとこれがアートなのだと思われます。
2014-08-16 13.50.32.jpg
こちらは宮永愛子さんの作品。
何気ない素材ですが、眺めているだけで不思議な気分になります。
いろんな角度から見ると表情が違っていることに気づきました。
2014-08-16 14.02.07.jpg
一番お客さんが集まっていたのが、こちらの霧の演出です。
霧の彫刻で有名な中谷芙二子さんの作品で、美術館の中庭で膨大な霧を一度に吹きかけます。
まるで山頂のガスの中にいるような気分で、数メートル先の人がまったく見えません。
写真では見えませんが、子供達が霧の中で大はしゃぎでした。
2014-08-16 14.06.53.jpg
建物の外でも霧を煙幕のように張っていて、お客さんがみんな見とれていました。
2014-08-16 14.24.20.jpg
こちらは木製のグラグラした細い橋を先まで歩くアトラクション。
まるでカイジの一コマのようで、大人も楽しんでいたようです。
こちらの芸術の森美術館会場も入場料大人1100円ですが、お盆が終って秋の声が
聞こえてくる季節にぜひ訪れたいスポットだと思いました。
ただし、こちらの会場の寂しさは芸術祭自体の魅力もさることながら、会場アクセスの
問題もあるような気がします。
札幌市内中心部からはるかに離れた立地で土地もふんだんにあるのに、「駐車場代は
500円いただきます」と相変わらずお役所的な営業スタイルです。
そして徒歩でいらっしゃる方のバスも本当に不便です。
2014-08-16 14.32.59.jpg
地下鉄真駒内駅からのバスが一時間にわずか2本で、時間も12時〜17時までと
限られています。
大通から地下鉄を乗り継いで来る観光客にはかなりの長旅になるでしょう。
バス自体は民間経営でお客さんが少ない以上、限界があるのかもしれませんが、
全国から来られる観光客へのおもてなしを考えたら、工夫の余地があるような
気がします。
これまで近代美術館と芸術の森の2会場の模様をご紹介してきました。
芸術祭が終わる9月28日までにどれだけの観客に見ていただけるかで市民の評価が
下されるものと思います。
多額の事業予算を投じたこの芸術祭は上田市長が任期満了された後も、三年に一度
開催を続けていくということだからです。
お盆が過ぎて、これからの季節は観光客がグンと減ります。
あまり巷でも話題にのぼらない札幌国際芸術祭の行方が心配です。
いまこそ主催者(札幌市)の取り組みの本気度が問われるところではないでしょうか。