現在サイトのリニューアル工事中です。見づらい点をご容赦ください。

[公開質問状] 上田文雄・札幌市長から回答書が届きました

アイヌ利権の怪
先日、上田文雄札幌市長にアイヌ民族問題に関する公開質問(下記)を行いました。

スクリーンショット 2014-09-24 17.27.18.jpg


これについて、上田市長から回答書が届きましたので、下記に公開します。
「アイヌの人々が本当に経済的に差別されているのか?」と数字の根拠を上げた私の問いに、
直視することができず、論点を札幌から北海道にずらして逃げていることが分かります。
いかにも小役人が作文したとの印象で、おそらく上田市長の筆による回答ではないでしょう。
この議論の続きは10月23日の決算特別委員会で市長本人と直接行うつもりです。
回答書の全文ダウンロードはこちら
札法第870号.pdf(PDFファイル、159kb)

(上田市長からの回答)
toben1.png
toben2.png

コメント

  1. 言語や領土を失っても、歴史的な背景から「我々は他の人々と違う」という帰属意識を持てば、それは一つの民族となりうるという山内センセの説によれば、平家の落人も別民族ですな(笑)

  2. 今更ながら朝日新聞が記事にしましたね。
    根底といいながらジャーナリストとして相当底が浅いようです。
    現住所を偽って不正に奨学金を得ている事実などは、自分の想定する結論に都合が悪いので
    決して記事には書かないんでしょうね。wikipediaによれば、山内昌之氏の専門はイスラム
    研究でアイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会委員だそうです。利害関係のある学者が
    中立的な第三者のふりをして世論誘導するのは本当にたちが悪いですね。
    「アイヌ民族もういない」札幌市議発言、根底に何が? 朝日新聞 2014年10月15日08時58分
    山吉健太郎
    札幌市の金子快之(やすゆき)市議(43)がツイッターで「アイヌ民族なんて、もう
    いないんですよね」と書き込んで批判を浴びた問題。所属会派から脱退し、先月には議員
    辞職勧告決議も可決されたが、本人は撤回も謝罪も拒み通している。
    金子市議は千葉県育ちで約15年前に北海道に移り住み、2011年の札幌市議選で
    みんなの党公認で初当選。今年5月から自民党会派に所属していた。
    ツイッターの書き込みは8月11日付。複数のアイヌ団体が共同で「小さい時から差別を
    受けても負けずに生き、先祖の伝統を引き継いできた私たちも滅亡したと言うのか」との
    公開質問状を出し、謝罪を求めた。
    「アイヌ民族はもういない」の根拠は何か。
    金子氏は朝日新聞の取材に対し、「民族とは言葉や宗教、生活習慣を共有し、他と同化
    しないものだ。アイヌと語る人は日本人と同じように生活しており、客観的に証明する
    すべはもはやない」と説明する。
    だが民族問題に詳しい山内昌之・東大名誉教授は「民族の客観的基準だけを強調する非常に
    古典的な認識だ」と評する。言語や領土を失っても、歴史的な背景から「我々は他の人々と
    違う」という帰属意識を持てば、それは一つの民族となりうる、と山内さんは言う。
    ■08年、政府が先住民族と認定
    アイヌ民族は独自の言語と文化を持ち、古くから北海道や樺太、千島列島を中心に暮らして
    きた。だが明治以降の和人による北海道開拓で、アイヌの生活と文化は大打撃を受けた。
    政府の有識者懇談会が09年にまとめた報告書は、アイヌの人々は狩猟や漁業の場と住む
    土地を失って貧困と差別を強いられ、独自の文化も「悪習」とされて急速に同化が進めら
    れたと指摘する。
    政府がアイヌを先住民族と認めたのは最近だ。07年の「先住民族の権利に関する国連
    宣言」、08年に衆参両院で採択された「アイヌ民族を先住民族とすることを求める決議」
    を受け、先住民族と認める談話を同年、官房長官が出した。
    行政はアイヌ民族をどう位置づけているのか。「アイヌ生活実態調査」を実施している
    北海道は、対象を「地域社会でアイヌの血を受け継いでいると思われる方、また婚姻・
    養子縁組などにより同一に生計を営んでいる方」としている。
    アイヌ民族がいま何人いるのか、はっきりした人数はわかっていない。昨年のアイヌ生活
    実態調査は、アイヌ団体や市町村の協力を得て1万6786人を対象としたが、すべての
    アイヌの人々を網羅しているわけではない。
    ■今も尾を引く差別の歴史
    北海道と道内の市町村はアイヌ民族を対象にした奨学金や住宅新築資金貸付制度などの
    支援策を設けている。生活保護を受けている人の割合は住民全体に比べて高い一方、高校・
    大学進学率は低いなど、差別の歴史は今も尾を引いている。
    金子氏は「アイヌの認定に客観性が乏しい」「不正受給や焦げ付きがある」とも発言して
    いる。「アイヌ民族なんていない」発言の根底にはアイヌ民族を対象にした支援策への
    不満があるようだ。
    山内さんは「不正があれば法と行政の問題として追及するのは当然だが、民族の問題に
    重ねるのは飛躍がある」と話す。

  3. 札幌市民 様
    動画サイト先教示ありがとうございます。
    批判の話は誰でもできるが多くの人を説得するための資料提供が大変重要であります。
    構成図に有名企業がスポンサー?となっている事実を世に知らしめるのことは効果あります。それなりの地位の人等に知られるまで拡散ですね(笑)
    知られざるアイヌの真実Night in サムライバー ④ 配布資料解説:https://www.youtube.com/watch?v=nY3c7Czr9qo

  4. 知られざるアイヌの真実Night in サムライバー
    http://www.youtube.com/watch?v=Vuo1IL-BJGA
    http://www.youtube.com/watch?v=Blg-EGts_u8
    http://www.youtube.com/watch?v=todeTj0sN5w
    http://www.youtube.com/watch?v=nY3c7Czr9qo
    先日の東京での講演会の様子がアップされましたね。
    差別の再生産、将にこの問題の本質だと思います。
    名乗ることのできないくらい差別があったという裁判の陳述書を裁判所に
    提出するどころか実名入りでインターネットで公開しているところをみると、
    利権のために差別することを挑発しているようにしか思えません。

  5. 大学生が、イスラム国に出兵しようとしていましたが、事前に阻止されました。
    何故、彼等はそのような行動に至るのか?彼等の真実の回答とは如何なるものか?

  6. ママラ,ユスフライ
    女性が教育を受ける自由を訴える17歳の女の子。今年のノーベル平和賞受賞。
    ジャマト、ウル、アハラム
    その女の子に制裁を実行するという声名を発信したイスラム原理主義の過激派。
    リーダーなる人格により、宗教の定義はいくらでも歪曲される。また、後からいくらでもその受け止め方で
    説明可能。
    かつて、日本でも起きた、オウム心理教。神の生まれ変わりと称する、リーダーの絶対的定義が、個人の行動を決定せざるを得ない。信者にとって本人のよりどころである、信じる宗教が、悪であるはずがない
    このことから、アイヌという名をミノ隠れにして利権を糧にする方々が創る宗教団体、まるで悪夢を再現させるかのような不安。それにかなり、かぶっています。wc5t4ic1hqzesufipxt3@docomo.ne.jp。

  7. 札幌市民 さん
    いきましたね。
    改めてコメントさせていただきます。

  8. 札幌市民 さん
    スミマセン。連絡に使わせていただきます。
    前々記事のコメント欄に書き込みできなくて、まま時間が経過してしまいました。
    ご教示、有り難うございました。
    これも無駄かも知れませんが、「禁止ワード」は使っていないのでセーフかも…です。

  9. こんにちは。
    あなたのブログを見つけてしまったのでコメントしてみます。
    私の経験上アイヌ民族の肩書きを語る方は、なんと言いますか、宗教的です。アイヌの昔からの慣わしで、神の信仰も未だある他、できるだけ貧しいと言いますか、文明が嫌いで、政治家をバッシングしつつアイヌ文化の活動を本気でしてる方いますよ。アイヌ民芸品店を営みながらなどさまざまです。ウタリ協会なども現に存在しています。外国の民族とも交流がありますし、はっきり言って、アイヌ民族なんてもういないなんて言ったら大変なことになりますよね。
    私には明らかに日本人の顔をしていないので、アイヌ民族ですと言うしかない事が多々あります。なに言っても国籍何処なのロシア人ではないのか等突っ込まれます。
    私は一般的に文化も象徴もなく、アイヌ民族の権利や権限もかざすことなく十二分に生きていけますよ。
    市長の回答など無いのは今更ながらご存知の通りでしょう、、。北広島市議員の畠山勝君も明らかに日本人では無いですよね!俺エルビスブレスリー☆とかいって、アイヌ民族なんていないよーん★とかいって終わりで、今更ながら残念ながらあなたの相談なんて乗れませんからね。今なにかと札幌市政あれなので、頑張って下さい(о´∀`о)ノ
    日にちはまだあるようなので、話にならないようでしたら、畠山勝君にガツンと言ってもらって下さいよ(*´∀`)?自分の顔の責任とれと言ったら代わりに市長と会ってくれますよ(笑)多分いや絶対(笑)
    札幌市長の言葉については今更ながら…ですけど、川田先生に今回の議席うんぬん等の応援されても、川田先生の方が心配になるんですけど(´;ω;`)いくら頭よくて口達者でも、相手が札幌市長でもこういう感じですよ、無理あるだろ!特に川田先生そんなに馬力無いですよね!あったら凄いですけど!もう札幌市長退くみたいなんで、北広島市の勝君にあなたの事何でもかんでもしてもらったらいいんじゃないの!といった感じですよ。勝君の顔に免じてアイヌ民族って事にして。
    あなたの事わかってる北広島市民多いはずですよ。何も大丈夫なので心配しないで頑張って下さいね(ノ´∀`*)
    PS Facebookやってないんですかー私の友達になって下さいー(冗談)
    川田先生はFacebookやってるみたいですよー←難し過ぎて北広島市民皆解らないよ。(笑)

  10. その「権利」とは具体的には何なんでしょうね?

  11. 先住民族アイヌの権利回復を求める団体・個人署名の要請(2009/12/17)
    のページを見てたら、
    ◆呼びかけ人・団体◆
    旭川アイヌ協議会
    アイヌ・ラマット実行委員会
    おんな組いのち
    ◆呼びかけ人◆
    金  時鐘 (詩 人)   
    佐高  信 (週刊金曜日編集委員)
    辛  淑玉 (人材育成コンサルタント) 
    田中 優子 (週刊金曜日編集委員)
    中山 千夏 (作 家)
    朴  慶南 (エッセイスト)
    針生 一郎 (丸木美術館館長)
    藤崎 良三 (全労協 議長)
    丸山未来子 (おんな組事務局)
    となっていました。
    個人の呼びかけ人にアイヌの人などなく、左翼運動家しかいません。
    在日コリアンのなりすましアイヌがいるといううわさがありますが、これはさらにひどく、左翼が勝手にアイヌの代弁者を気取っている団体があるということです。
    アイヌ問題が左翼の食い物になっているいい見本です。

  12. 在日の生活保護率が、日本人の10倍近くだという指摘が先日国会でなされましたが、
    それも差別があるから生保は仕方ないの話しにすりかえるんだろうな。
    その話しと同じ臭いがするんですが、どうでしょうかね?
    とにかく応援しています。頑張ってください。

  13. こやくにん【小役人】
    地位の低い役人。下級の官吏。.

  14. まさしく、無法地帯。
    そのことがまかり通っている状況が
    おかしい。
    アイヌといえどそこまで、擁護される根拠はそれほど大きな問題なのか?まだまだ日本には、もっと大きな、理由で擁護されるべき国民が沢山いるというのに。その辺りはほったらかしで、なぜ民族の主張ばかりがまかり通り貧困にあえぐ、国民は擁護されないのか?

  15. 日本国民として困窮者には手当をすればいいだけ。
    何もアイヌとして対策する事はない、利権が発生するだけ。
    悪しき少数派対策の歴史を学ぶだけでわかる。
    金子議員!今の志を忘れずに!

  16. 東区の定員は9人で、先月まで出馬を表明していた候補者も9名であったことから、無投票で全員が当選すると見られていた。
    しかし、共産党が新たに1名を追加で擁立したことで、候補者は10名となり、事実上の選挙戦が始まった。
    http://www.hokuyonp.com/2014/10/10/

  17. 「市」の貸付金事業なのに、「道」の数値を持ち出して正当化するのはありえないですね。
    また、収納額ではなく、債権回収率で答えるべき問題だと思いますが、よっぽど都合が
    悪いのでしょうか?貸付対象者もアイヌ協会の言いなりで決めているのであれば、回収率が
    悪い場合は、協会から担保を出させるなり指名停止するなり措置をして頂きたいですね。
    是非とも議論を深めて頂きたいと存じます。

  18. 変換ミスを訂正して自己ツイートをw。
    金子議員の指摘で根拠を失った格差を新たな根拠を挙げずにあると言い張るのは不思議でかつ回答になっていません。また回収策を講じるのは当然として貸付審査を再考しないのは謎。

  19. 道の平成25年調査におけるアイヌの定義を見ると「地域社会でアイヌの血を受け継いでいると思われる方、また、婚姻、養子縁組等によりそれらの方と同一の生計を営んでいる方」と極めて曖昧であり「ただし、アイヌの血を受け継いでいると思われる方であっても、アイヌであることを否定している場合は調査の対象とはしていない」と続きます。
    アイヌであることを否定している方を複数知っていますが、皆さん良識有る方々で「いつまでアイヌアイヌと区別するのか、私たちは同じ日本人では無いのですか?」と仰っていますよ。
    また、それらの方々の私が想定する人数を分母に加えると他の住民の保護率より低くなりますよ。
    それらの方々が他の住民のカテゴリーの中に何人かいらっしゃるのかどうかは知りませんが。
    前段のアイヌと思われる方々657人の受給資格要件の審査は正しく行われていますか?
    小役人が適当に認定しているとしか思えないほどに行政に対して不信感を持っています。

  20. こやくにん【小役人】
    地位の低い役人。下級の官吏。