今日は代表質問初日で、自民党の宗形雅俊議員と民主党の宝本英明議員の質疑がありました。
両党とも質問時間が60分なので答弁も長く、二人の質疑が終わったのは5時過ぎでした。
その後、明日の自分自身の質問の打ち合わせを終えて、自転車で東区の事務所に戻る途中に
偶然、次世代の党の戦車(選挙カー)が走っているのを見つけました。
写真を撮らせてもらいました。
2014-12-03 18.12.24.jpg
次世代の党から尊敬する西村真悟先生や田母神閣下、石井義哲さんが立候補すると聞き、
いま無党派の私はひそかに応援を決めています。
北海道から候補が出ないことを残念に思っていたのですが、突然の選挙カーにはびっくり。
きっと選挙活動は東京や大阪などの大票田だけだろう、と思っていたのです。
車は足立ナンバーで、東京から陸送してきたそうです。
選挙カーに乗っていた北海道ブロックの安田聡候補に初めてお話を伺ったところ、なんと
私の大学の同窓と聞いて、さらにびっくりしました。
東京の大学を卒業後、JR北海道に勤めたあと、写真家として独立したそうです。
安田候補の演説を聞いていたら、国を愛する真面目な人柄がじんじん伝わってきます。
選挙は初めてだというのに、魂のこもった演説は生粋の政治家のようです。
立ち止まって聞いている人が他にも何人もいて、世論調査を超える票を取る予感がします。
これからどれだけの人と会うことができるか、まさに時間との戦いです。
北海道全体で30万票くらいがボーダーラインだと思いますが、安田聡候補にはぜひ国会で
活躍してほしいと思います。
さて、本題に入ります。
ようやく明日の代表質問の原稿が完成しました。
今回は事前に市役所に質問内容を渡しました。
いつもは緊張感を出すために多少のアドリブを混ぜるのですが、どうやら札幌市役所の
システムだと突然の質問には答弁ができないようです。
どうやってもナナメの方を向いた答えしか戻ってきません。
今任期中の最後の代表質問で、どれも真面目に考えて答えてほしい質問ばかりなので、
初めてこのような形でやってみることにしました。
答弁調整ではありませんが、明日の答弁がすこし楽しみでもあります。
明日の順番は公明党、共産党、市民ネットの次で、登板は17時から18時くらいの予定です。
12分間という短い時間に質問を凝縮しました。
12分ちょうどで議長からストップが入るそうです。
これだけの分量を時間内に読みきれるか、すこし心配でもあります。
明日はぜひ、お仕事帰りに傍聴においでください。
インターネット中継も予定しています。
button_gikai.jpg

平成26年12月4日 代表質問骨子 12分間 
1.【市長外交の成果と、姉妹都市による反日行動について】 
・12年間の市長外交の成果と、それに要した費用対効果の検証
・韓国・大田広域市による反日示威行動を受けた本市の対応
・竹島の領土権確立をきちんと韓国側に主張しているのか
2.【しんぶん赤旗の勧誘・配布など、庁舎内での政治活動について】
・政党機関紙を執務時間中に読む、机に放置すること等は許されるのか
・勤務時間中の赤旗購読勧誘はパワハラそのもので、遠慮してもらうべきではないか
・庁舎内の政治活動に関する実態調査と是正の必要性、など
3.【札幌市における、いわゆる「在日特権」について】
・外国人の国民健康保険の実態
・在外家族の扶養控除を用いた外国人の住民税課税逃れ
・短期滞在外国人への児童手当支給、など
4.【官製談合の再発防止、入札契約業務の改善等について】
・北海道オフィスマシンほか4社による官製談合事件の反省と教訓
・定期監査で支出事務に関し毎度同じ指摘を受けても一向に改善がない理由(監査委員)
・特命随意契約の競争性改善状況、入札契約業務の改善進捗、など
5.【地方教育行政法改正に伴う教育改革について】
・地方教育行政法改正による制度改善
・児童生徒のための、より良い教科書選定の考え方
・北海道の歴史に関する正しい認識、など
6.【北海道新聞社等による慰安婦の虚偽記事取り消しについて】
・従軍慰安婦を本市学校でどう教えているか
・慰安婦強制連行の虚偽記事取り消しを受けた本市の対応
・元記者所属大学にエールを送るのはねつ造問題のすり替えではないか、など
7.【アイヌ施策に関わる官製談合疑惑や、異常な生活保護率の実態について】 
・アイヌ施策に関わる官製談合疑惑について、その後の調査状況
・アイヌ住宅資金貸し付けの焦げ付きの責任の所在と今後の方針
・市内のアイヌ生活保護率が117パーミルにも達する理由
・より客観性の高いアイヌ生活実態調査の必要性、など