参議院選挙がつまらない結果に終わったと思ったら、今度は都知事選が始まっています。
こちらは随分盛り上がっていますね。
私は札幌市民で都知事選の投票権はありませんが、さすが首都東京。
充実した候補が揃っていて興味津々です。

マスメディアによると有力候補は増田さん、小池さん、鳥越さんの3人とのこと。
東京都選管の公報を読んでみます。

増田候補
増田さんはいつもテレビのコメンテーターとして地方自治について立派な解説をしている方だと
思いきや、実は外国人参政権容認派の韓国大好きさんだった、とのこと。
私もまったく知りませんでした。
それでも自民党と公明党が応援しているなら、組織票は盤石なのでしょう。
右派政党「日本のこころ」までもが推薦状を出しているのは、少し意外な気もします。
なにか貸し借りの関係があるのでしょうが、政治のヤミは奥深いです。

鳥越候補
こちらは職業「ジャーナリスト」の鳥越さん。
テレビの印象でサヨクっぽいのは分かっていました。
それでも語り口はソフトで温厚な紳士だと思っていました。
それが今日の文春砲で随分イメージが変わってしまいました。
本当は男らしいというか、実はかなりワイルドな方だったのですね。
病気なのか、健康なのか、よく分かりませんが。
人権やら平和やら憲法やらと極端な思想を持ち込むのは勘弁して欲しいです。

小池候補

そして小池ゆりこさん。
この方は東京12チャンネルのキャスターのイメージが強いです。
でも、実はかつて防衛大臣を務めたときに、当時、防衛省を君臨していた大ワルこと、
守谷事務次官の不正を暴きやっつけたという輝かしい実績があります。
防衛省の訓令にもしばしば名前が出ていて、改革に挑戦する実務派であることが分かります。
都庁の魑魅魍魎を退治してくれそうな期待が大いに集まるところです。

また例によってマック赤坂さんとか谷山雄二朗さんとか個性的な候補が目白押しなのですが、
今回私が注目しているのはこの方。

桜井誠候補

元在特会で名を馳せた桜井誠さんです。
いつぞや大阪の橋下徹さんと市長室で口汚い罵り合いをしていた印象が強いのですが、
今回はピシっとネクタイを締めて、にこやかな笑顔でポスターに収まります。
いつの間にか、爽やかな若手政治家に成長した印象。

パチンコ規制や外国人生活保護の廃止など、掲げた7つの政策には私も賛成です。
正論だけど、政治家にとっては言いたくても言えなかった政策ばかりです。
いままでこういう本音の政策を掲げる候補は珍しかったのではないでしょうか。
本物の右派政党の誕生という面では新しい政治の息吹と言えるのかもしれません。

実際の都政の課題はこれら外国人政策だけでなく、ほかにも重要なものがたくさんあると
思いますが、今回桜井候補がどれだけの票を集めるか、大いに注目したいと思います。
また、今回取り上げた候補以外にも選挙公報には様々な考え、政策がずらり並んでいます。
選択権がある東京都民の皆さんが羨ましいです。