現在サイトのリニューアル工事中です。見づらい点をご容赦ください。

放射能測定器が、ついに我が家に!

エネルギー・環境

先日のブログでもお伝えしましたが、放射能測定器の
個人輸入に挑戦しています。
発注したのは、ロシア製のSOEKSという機械です。
http://www.soeks.ru/dozimetr.html
送料込み約300ドルで購入できました。
楽天など国内の通販サイトより、かなり安いです。
約2週間たって、ようやく今日、我が家に届きました。
DVC00324.jpg
ロシアからの航空郵便です。
通関はスルーだった模様で、消費税も課税されませんでした。
パッケージを開封すると、ロシアの新聞紙で包まれています。
DVC00325.jpg
意外と手作りな感じ。新聞には裏も表も広告がいっぱい載っていて、
意味は分かりませんが、なかなか面白いです。
新聞紙の包みを解きます。
DVC00328.jpg
箱を取り出すと、封印があります。
DVC00330.jpg
新品未開封と言うことでしょうか。
封を切ってパカッと箱を開けると・・・。
DVC00331.jpg
中はとてもコンパクト。
携帯電話と同じくらいの大きさです。
本体と説明書と付属電池だけ入っていました。
つくりは意外とチャチで、おもちゃぽいです。
DVC00337.jpg
裏蓋を開けて、電池を入れます。
早速スイッチON!!
DVC00338.jpg
Windowsみたいに、オープニング画面が立ち上がります。
待つこと約1分。
ところが開いた画面がロシア語で、意味が分かりません・・・。
DVC00340.jpg
英語の説明書と悪戦苦闘すること約30分後、
ようやく設定をロシア語から英語に切り替えることに成功。
気になる我が家の測定値は・・・。
DVC00343.jpg
0.26マイクロシーベルト。
安全圏です。
ピピッとブザーでも放射線量を知らせてくれます。
明日からしばらく外に持ち出してみようと思います。
札幌市東区近辺で測定を希望される場所があり
ましたら、私が測定にお伺いいたします。
画面上部のご意見欄から、どしどしお送りください。

コメント

  1. 鬼怒川散歩様
    コメントありがとうございます。
    確かにアルミキャップをつけていませんでした!
    実際より高い数字が出ているということですね。
    今後はこれで試してみたいと思います。

  2. 札幌市内の放射線量はもう一桁低いと思います。線量計の写真では、表示が0.26になっているので、アルミキャップをつけずに測定しているのではないかと思います。通常はガンマー線の測定値を用いるので、アルミキャップをつけて測定するのが正しいです。
    http://www.youtube.com/watch?v=JS-SCCGJmnc

  3. あくまで簡易的な測定機の数値です。
    その他の情報も総合的にご確認なさってください。

  4. そうですか、実測では、札幌市内はだいたいこれくらいの数値ですか。
    うすうす感じてはいましたが、どうやら札幌やその近辺も、安心して住める場所では
    なくなったようですね。
    このブログで、放射線量の情報をいただいて助かりました。
    今後の生活を考える上での参考になりました。
    ありがとうございました。

  5. 私の実測では、札幌市内はだいたいこれくらいの数値です。
    感覚が麻痺しているのかもしれません。

  6. ご自宅の放射線量の0.26マイクロシーベルトは、
    誰がみても、とても高い非難レベルの値ですが、どうして安全圏なのですか?

  7. ロシア語サイトから購入されたのでしょうか。
    私はebayという英語サイトだったので、言葉の不安はありませんでした。
    万一不着の場合は支払いを止めることも出来るので、はじめてのかたにはお勧めかもしれません。
    札幌市内は今のところ放射線量が極端に高いところはないようですか、
    自分の手元で数字を確認できることはやはり安心感があります。
    早くお品が届くと良いですね。

  8. 同機種の個人輸入してみました。
    サイトで注文しましたが、
    露語で「注文受付ました」みたいな文章が出ただけで、いささか不安です。
    支払いは別途請求がくるのでしょうか?
    目的は在学している子供たちの学校を調べていくことです。
    SPEEDIの試算ではありますが、東京都区内は高濃度汚染地区(緑色)に該当するようです。
    しかし、学校に連絡したところ対策する予定はない、と。
    学校側と調整のうち、独自に調査していくのはOKみたいな言葉を頂いたので、
    購入を目指しています。
    β線も拾う機種のため、アルミ板にて遮蔽し、計測する方のが良さそうです。
    SOEKSで検索すると、補正値などもでてくるかと思います。
    長文失礼しました。